箕面市の歯科医院は安心のやさしい寺嶋歯科



箕面市の歯科医院
メニュー

箕面市の歯科医院の理念
医師紹介
スタッフ紹介
初めてお越しになる方へ
寺嶋歯科医院の設備
当院の最先端治療
無料託児サービス

箕面市の歯科医院
診療内容

歯科医院 箕面市の歯科医院の設備
歯医者 無痛治療
歯医者 顕微鏡歯科治療
顕微鏡歯科 矯正治療
顕微鏡歯科 予防
大阪大学卒 小児歯科
歯学博士 歯周病治療・再生治療
インプラント 歯内療法
根管治療 口腔外科
マイクロスコープ 審美治療
審美治療 インプラント
歯周病治療 ミニインプラント
歯周病治療 ドリルレスインプラント
箕面 箕面市の歯科医院の矯正
口腔外科 口臭治療
口臭 ドライマウス相談
衛生士募集 ホワイトニング
矯正治療 スポーツ歯科
ミニインプラント レーザー治療
インプラント 訪問治療
ホワイトニング セカンドオピニオン
訪問治療 CT撮影
訪問治療 マタニティー歯科
訪問治療 睡眠時無呼吸症
保険外治療(料金表・保証制度)
滅菌消毒システム
リコール
箕面市の歯科医院の写真
English
歯科医師の皆様へ
歯科衛生士の皆様へ
歯周治療コースのお知らせ
歯周病

箕面市の歯科医院 寺嶋歯科の歯周病治療

箕面市

歯科歯周病とは?
正しいブラッシングができていないと、歯垢や歯石が歯の周囲、 特に歯と歯ぐきの間の溝(ポケット)に溜まってきます。
歯垢は細菌の塊であり、ポケット内でどんどんと細菌が繁殖することになります。


この細菌が歯周病を引き起こす原因となります。 細菌が歯ぐきに炎症をひき起こし、歯の周りの骨を溶かしてしまうのが、 歯周病(歯槽膿漏)です。
歯 歯 歯周病 ボタン 抜歯
この病気の特徴としてあげられるのは、経過が非常に慢性的で、 ゆっくりと進行するということです。そのため痛みなどを感じる 自覚症状が少なく、 この病気にかかっていても自覚している人が非常に少ないのです。

さらに最近の報告では、歯周病(歯槽膿漏)は さまざまな全身の病気を引き起こすことがわかってきました。 脳梗塞、心筋梗塞、誤嚥性肺炎のリスクを高め、 また糖尿病などを悪化させることがわかってきました。

「35〜44歳の人では81%、45歳〜54歳では85%の人が歯周病にかかっています(厚生省歯科疾患実態調査1993年より)」

箕面市歯周病の症状

箕面市歯ぐきがむずがゆくなった
歯医者歯ぐきから出血する
箕面市唾液(だえき)がネバネバするようになった
歯科医院起床時に口の中が気持ち悪い
歯科医院口臭が気になる
箕面市冷たいもの、熱いものがしみる
箕面物が食べづらくなった
歯科歯がぐらぐらする
以上のような症状を自覚されている方は
お気軽にご相談ください。

歯科当院における歯周病の専門的治療
 当院院長は、大阪大学歯学部の歯周病科に所属しており、歯周病の再生医療の研究で歯学博士を取得致し、日本歯周病学会認定医です。また当院衛生士は、歯周病治療に関して講演を行ったりと精力的に活動しております。、当院では、歯科医師、歯科衛生士がチームとなり、真剣に歯周病治療に取り組んでおります。
感謝状2015年
感謝状2006
講演活動院長
他の医院での講演活動
衛生士講演
当院衛生士の講演活動

院内の症例検討会(症例を供覧し、治療方針の決定に際し、ディスカッションを行います。)

歯周病は治すことが非常に難しい病気です。症状が出にくいだけに治療が遅くなればなるほど歯を失う確率が高まります。早期発見、早期治療が大切です。少しでも違和感などがある患者様は早めの受診をお勧め致します。

当院では再生療法以外の全ての歯周病治療を保険で行っておりますので、ご安心下さい。
 
1.資料採得
(現状把握)
パノラマレントゲン写真
パノラマ
顎骨、上顎洞、顎関節を含めて全体を大まかに診断するレントゲン写真で初診時に撮影させて頂くことが多いです。
歯周ポケット測定
ポケット測定
歯周ポケットを測定します。1歯につき6カ所測定し、歯周病の状態や歯石の付着状況、炎症の状態、歯肉退縮の量などを調べます。
とても大切な検査です。

当院は、デネットシステムを使用して、歯周病治療の管理を行っております。


得られた検査データは全て患者様にお渡し致します。
自分自身でどこが悪いところかを知ることはとても大切なことです。
デンタルレントゲン10枚or14枚法撮影
デンタル14枚法
歯周ポケットが深く、歯周病が強く疑われる場合は、さらに個々の歯を精密に診査するために細かいレントゲンを撮影します。
歯槽骨の吸収程度、歯石の状態などを把握するために必要なレントゲンです。
口腔内写真9枚撮影
写真
現状を写真で記録しておきます。
希望者にはプリントしてお渡ししております。
2.歯周基本治療 ブラッシング指導および歯石除去衛生士
歯周病治療の一番大切なステージです。
まずはご自分でブラッシングが上手にできるようになるまで徹底的に指導致します。

衛生士が徹底的にお口の中の歯石、細菌バイオフィルムを除去します。
拡大鏡、顕微鏡などを用いて徹底的に除去しますが、残念ながらそれでも取りきれない歯石が存在します。
3.再評価 歯周基本治療で歯周病がどれだけ改善したかを調べます。
・歯周ポケット検査
・口腔内写真
などで評価します。
4.歯周外科治療
 再評価の結果、歯周病が改善していない部位に関しては次の手段として、歯周外科治療を選択する場合があります。もちろん、患者様が望まれなかったり、全身疾患がある場合などは行いません。
 当院の歯周外科処置の特徴は、顕微鏡を用いて精密に行うことです。歯石、感染物質の取り残しを防ぎ、細い縫合糸を用いることで良好な治癒を得ることができております。

FGG
歯肉移植による歯周形成外科処置
FGG
歯肉移植による歯周形成外科処置
GTR
GTR法による再生療法
骨移植
骨移植による再生療法
 5.再評価  歯周基本治療、歯周外科治療などを経て、2回目の再評価です。長かった治療も終わりです。
メンテナンス
 6.メインテナンス  せっかく治した歯周病も、管理を怠ると再発してしまいます。患者様毎にメインテナンスの間隔を決定しています。
大多数の患者様が1〜3か月に1回お越し頂いております。

<歯周外科治療とは>
 上記のとおり、当院においては、失われた歯周組織(歯肉、骨など)を回復させる歯周組織再生療法など、歯周病の専門的治療を行っております。

歯周外科手術の最大の目的は、メンテナンスしやすい歯周環境を整えることです。

歯周外科手術はただ行えば歯周病が治るというものではありません。現在のお口の状態、患者様の清掃状態、かぶせ物の状態など、あらゆることを考慮して、歯周外科処置を行わないと、ただ痛いだけで結果が伴わない手術になります。
「歯周病治療=歯周外科処置」では決してなく、歯周病治療の一つと考えてください。まずは日々のブラッシングと歯科医院での歯石除去が基本です。
 

<日本歯周病学会のガイドラインにある歯周外科処置>
・組織付着療法
・切除療法
・歯周形成外科(遊離歯肉移植術、結合組織移植術など)
・再生療法(エムドゲイン療法、GTR法、骨移植)

遊離歯肉移植術(角化歯肉の獲得)
術前
写真右端の歯の周囲
写真右端の歯の周囲には硬い歯肉が無く、頬粘膜しか存在しておらず、痛くてハミガキができませんでした。

さらに歯周病も進行しており、歯周ポケットが深くなり、膿が出てくる状態で、このままでは将来必ず歯を失ってしまう状況でした。
角化歯肉
採取した角化歯肉
上顎の口蓋から歯肉を採取しました。
口蓋
採取した部位(上顎)
採取した口蓋は、保護装置でカバーするので痛みはほとんどありませんでした。
ポケット改善
健康な歯肉の獲得
 歯の周囲に角化歯肉が獲得でき、、歯周ポケットも浅くなり、ブラッシングしやすい健康な歯周状態を得ることができました。
術後3年
術後3年
術後3年経っても健康なまま維持できています。

今回の手術のように、メンテナンスしやすい歯周環境を整えるのが、歯周外科手術の最大の目的です。


歯根露出の被覆(結合組織移植術)
歯根露出
写真中央の歯の歯根露出
歯根が露出して、審美的に問題があり、さらに知覚過敏が強く、将来虫歯になる可能性も高い状態でした。

上顎の口蓋から歯肉を採取し、露出した歯根表面に移植しました。
結合組織
採取した歯肉
結合組織を採取して、これを露出した根の周囲に移植しました。
根面被覆
術後1年
露出していた根が歯肉に覆われ、審美性も回復し、知覚過敏も治まりました。
歯肉の厚みも増え、抵抗力が増しています。丈夫な歯肉に覆われているため虫歯、歯周病にになるリスクも減りました。

メンテナンスしやすい歯周環境を整えるのが、歯周外科手術の最大の目的です。

寺嶋歯科ご案内

医療法人メディエフ 寺嶋歯科医院
URL http://www.mdef.jp
医療法人メディエフの寺嶋歯科医院
阪急牧落駅東出口より15m
〒562-0042
大阪府箕面市百楽荘1-3-21
E-mail dental@mdef.jp 072-721-2562

Copyright (c) 2007-2009 箕面市の歯科医院 TERASHIMA Dental Clinic All Rights Reserved.