箕面市の歯科歯医者は安心のやさしい寺嶋歯科 大阪大学卒 歯学博士

箕面市の歯科医院・歯医者さん「寺嶋歯科医院」について

電話番号
072-721-2562
所在地
〒562-0042 大阪府箕面市百楽荘1-3-21
アクセス
阪急「牧落駅・東口」目の前
English page
English

箕面市の歯科医院

診療時間と予約について

当院は予約制です

お電話にて予約を受け付けております。
臨時休診の場合がありますので電話でご確認ください。

072-721-2562

 
午前診療
09:30~13:00
 
午後診療
14:30~19:00
 

▲土曜日午後は14:00~16:00
祝日がある週の水曜日の午前は診療致します。

箕面市の歯科医院歯医者さん寺嶋歯科「インプラント」 DENTAL IMPLANT インプラント

箕面市の寺嶋歯科医院のインプラント

寺嶋歯科医院でのインプラント治療は、高い成功率を誇っております。その成功率を支えるのが、高い技術力と最新機器です。寺嶋歯科医院でインプラント治療を受けるメリットをご紹介いたします。

インプラント治療は難しい治療ではありません。 インプラント治療は、インプラントを入れることがゴールではなく、単に失ったところに歯を入れるだけの極めてシンプルな治療です。歯科治療において難しいのは、歯を保存することです。歯周病治療、根管治療の方がインプラント治療よりもはるかに技術が問われます。さらには治療したインプラントを長期に渡って長持ちさせるには、歯科医院のメンテナンスシステムが特に重要です。インプラント治療をする場合は、このことをご理解頂き、歯科医院を選んで頂けると幸いです。

当院のインプラント

高い技術力

通常のインプラント治療に比べて、手術侵襲が格段に少ない、マイクロスコープを使用した繊細な手術を得意としています。インプラント治療は、診断力なども重要ですが、やはり技術が一番重要です。 日本で一番権威のある学会「日本口腔インプラント学会」の専修医です。

「院長の技術力」はこちら

箕面市の寺嶋歯科医院のインプラント専修医認定書

幅広い知見

当院院長はさまざまな学会に参加し、日々知識をアップデートし、また学会発表、講演活動など精力的に行っております。

「院長の活動」はこちら

最先端設備

CT、手術室、厳密な滅菌などは、今の時代当たり前のことです。当院では、マイクロスコープ、超音波骨切削機器、メディヒュージなど最新機器を備えて、より安全で確実な手術を提供致します。

当院の最新設備紹介

メインテナンス

インプラントは体内に異物を埋入する手術ですので、メインテナンスが非常に重要です。術後には、インプラントに精通した歯科衛生士のケアをしっかりと受けることが大切です。当院は11名の衛生士で手厚いメインテナンスを提供致します。

インプラント

インプラント周囲炎への対応

残念ながら、インプラントにも歯周病と同じように周囲が炎症を起こすことがあります。原因はプラークなどですが、一度発症すると進行を止めるのことは非常に難しいとされております。現在のインプラント界では、このインプラント周囲炎の話題で持ちきりです。今後もインプラント周囲炎は無くならないどころか増加すると予測されております。

術後もしっかりとメインテナンスを行いインプラント周囲炎を未然に防ぎ、また、インプラント周囲炎を発症したとしても、早期に発見し、適切に治療することで食い止めることが可能です。

インプラント以外の治療が充実

インプラントは失った部位に歯をいれて咬めるようにする単なるパーツに過ぎません。大切なのはこれ以上大切な他の歯を失わないようにすることです。寺嶋歯科医院では、歯周病治療、根管治療などに力を入れており、残りの歯を大切にしていきます。院長は日本歯周病学会認定医、当院衛生士も歯周病予防のプロフェッショナルです。

明確な金額

最初に診査診断をした後に、見積もりをお渡しします。一度見積もりに納得して頂いた後は、追加の処置などがあっても、見積もり以上の治療費を頂くことはありません。

当院のインプラントの価格

インプラントとは?

インプラントとは?

インプラントとは、歯を失ってしまった時、その歯の無い所に人工の歯を入れる1つの方法です。歯肉の内部にある顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。 チタンは3ヶ月 ~6ヶ月で骨と直接結合する性質があるため、より自然の歯に近い噛み心地と美しい歯を手に入れられる治療法です。

いま、天然歯とほとんど変わらない機能と外観を回復する、「第三の歯-インプラント」が注目されております。

インプラントの詳しい説明

治療の流れ

当院のインプラントの費用と保証制度

当院で使用しているインプラントについて

当院では2種類のインプラントを使用しております。

ノーベルバイオケア

40年以上の実績を誇るインプラントのリーディングカンパニーで、世界一のシェアを誇ります。

ノーベルバイオケア

BioHorizons

20年の歴史があるアメリカ製のインプラント。近年日本でもシェアを伸ばしてきており、当院でも使用例が急速に増えています。インプラント周囲の軟組織の状態が他のインプラントに比べて優れているという報告が多数あります。

BioHorizons

当院で行っているCTナビゲーションについて

インプラント治療を希望する患者様の数は増加傾向にあります。しかし、手術の過程で神経麻痺などを偶発することや、35年間安定しているインプラントがある一方で、不適正な力学環境により半年で抜けてしまうことがあります。未だ我々歯科医師の経験や勘に頼る部分が数多く存在するリスクの高い治療法であることも事実です。 当院では、そのようなリスクを伴うインプラント治療を行うにあたり、より正確な診査・診断を行い、予知性の高い治療計画を立案し、それを治療へ反映するための先進的なトリートメントナビゲーション(ノーベルクリニシャン))を使用し、高度にマネジメントされたシステムにより科学的なインプラント治療の実現を目指しております。

当院で行っているCTナビゲーションについて

解剖学的にインプラントを埋入する方向、位置が難しい場合は、上図のように、先進的なCTナビゲーションシステムを用いることで、より確実で、予知性の高いインプラント治療を行うことができます。

当院でのインプラント手術

インプラント手術は清潔な環境で行われる必要があります。当院では、手術室を完備しており、無菌的に行うため、最大限の注意を払って、インプラント手術を行っております。安心して治療を受けて頂けます。

当院でのインプラント手術

当院でのインプラント手術

サイナスリフト、ソケットリフトなどの骨移植は、マイクロスコープを使用することにより、精密で最小限の手術侵襲で行っております。

当院でのインプラント手術

院長とDr. Sascha A. Jovanovic当院のインプラント手術、特に骨造成術は、Dr. Sascha A. Jovanovicが行っている、予知性、科学的根拠の高い術式を採用しております。

当院のインプラント技工士

インプラントは極めて精密な部品の集合体です。寸分の狂いなく作製されいないと予後不良になりかねません。

当院では、様々な勉強会で講師を務めておられる著名な技工士、辻 貴裕 氏 に技工をお願いしております。

辻技工士の作品はまさに芸術品といえます。

辻 貴裕 氏

ミニインプラントとは?

歯茎を切らない細いインプラント

通常のインプラントとは異なり、歯ぐきの切開も必要とせず、1回の埋入手術で終了されます。通常のインプラント手術と比べ負担も少なく、治療後は当日でも食事を取ることができますので、高齢者にもお勧めできます。総義歯の方がインプラントを検討される場合、インプラントの埋入本数は多くなってしまうので、治療費は高額になってしまいますが、この治療の場合は4本のミニインプランを埋め込むことで完了しますので、費用を抑えることができます。

ミニインプラント上下総義歯です。(写真は普通の保険の義歯です。)

ミニインプラント下顎の骨が痩せて義歯の安定が悪い症例で、ミニインプラントを4本埋入します。

ミニインプラント手術は、
1.麻酔をする
2.ドリルで少し穴を掘る(切開は行わない)
3.インプラントを埋入
というシンプルな術式で行われます。手術時間は30分~1時間程度です。

ミニインプラント義歯の方に、埋入したインプラントを嵌め込む装置を組み込みます。その日のうちから安定して噛むことができます。

費用

ミニインプラント4本   500,000円

多くの場合、現在お使いの保険の義歯を使用することが可能です。

ドリルレスインプラント(OAM式インプラント手術)とは?

通常のインプラント手術とOAM式インプラント手術の違い

[通常のインプラントの手術方法]

通常のインプラント手術

[OAM式インプラント手術方法]

OAM式インプラント手術の違い

ドリルを使用するのは最初だけで、後はキリのような特殊な器具で骨を広げていきます。ドリルをほとんど使用しないので、振動も無く、神経血管を傷つけることもなく、安全で楽な手術です。ただし、骨が硬すぎる場合は使用できません。

インプラント治療は怖い??

インプラント手術は怖いものだと思っていませんか?確かに歯肉を切開したり、骨をドリルで削ったりと、土木工事のような手術であることは間違いありません。 当院では上記のOAM式手術を行っております。OAM式手術法では、その骨をドリルで削る作業を、ドリルの代わりに特殊な器具で行います。もちろんドリルを使用しないといけない場合もあるのですが、特に上顎の軟かい骨にインプラントを埋入する場合や、幅の細い骨に埋入する場合は、OAM式でしか行えないこともあります。 

もし、インプラント治療に対して、恐怖心がある方は一度ご相談ください。OAM式での治療についてご説明致します。

pagetop