箕面市の歯科歯医者は安心のやさしい寺嶋歯科 大阪大学卒 歯学博士

箕面市の歯科医院・歯医者さん「寺嶋歯科医院」について

電話番号
072-721-2562
所在地
〒562-0042 大阪府箕面市百楽荘1-2-21
アクセス
阪急「牧落駅・東口」目の前
English page
English

箕面市の歯科医院

診療時間と予約について

当院は予約制です

お電話にて予約を受け付けております。
臨時休診の場合がありますので電話でご確認ください。

072-721-2562

072-743-9087

 
午前診療
09:30~13:30
午後診療
15:00~18:45

▲土曜日午後は13:30~15:45

ラインアットで箕面市寺嶋歯科の情報をチェック
キャンセル状況などご案内しております。
友だち追加

箕面市の歯科医院歯医者さん寺嶋歯科「歯の神経の保存治療」 vitalpulptherapy 歯の神経の保存治療

歯の神経の保存治療

Vital Pulp Therapy

MTAによる歯の神経の保存治療

MTAによる歯の神経の保存治療とは、「vital pulp therapy」と呼ばれる治療法です。
MTAセメントと呼ばれるセメントを歯の神経に直接作用させることで、従来なら神経を除去しないといけないような症例でも、神経を残せるようになりました。

このVital Pulp Therapyの登場で、現代においては神経を取るという頻度はかなり減ってきました。

少なくとも、「症状はほとんど無いのに、虫歯が大きくて神経を取らないといけない」ということは、ほぼ無くなりました。

MTAセメントは体の組織に適度な刺激を与え、悪くなってしまった部分を再生させる作用があります。現在世界で最も信頼性の高い歯の保存のためのセメントですが、MTAセメント自体1g数万円と高価な材料で、保険適応外の薬剤です。

MTAを用いたVital Pulp Therapyは2003年あたりから始まった治療であり、世界の歯内療法専門医のバイブルであるCohen's Pathways of the Pulp 11th Editionにも記載されているグローバルスタンダードな治療法です。ただし日本においては、国民の神経の重要性に対する認識が低い、術者の顕微鏡トレーニングが必要、MTAが保険適応外であることなどの理由で普及率はまだ高くありません。しかし、当院においては、治療内容をお伝えすると3人に2人が受けられます。歯の神経への理解が広まりつつあるのかもしれません。

寺嶋歯科医院では2016年からこのVital Pulp Therapyを行っており、成功率は95%以上(100症例以上)誇っております。

従来であれば神経を取っていたであろう症例で、神経を残せた時の患者様の喜びは大きいものがあり、私たちにとっても大きな遣り甲斐です。神経の保存は歯科医師にとって大きな浪漫なのです。

治療例

箕面市の寺嶋歯科医院の歯の神経の保存治療

箕面市の寺嶋歯科医院の歯の神経の保存治療

治療前

箕面市の寺嶋歯科医院の歯の神経の保存治療大きな虫歯があります。
少し冷たいものが沁みる程度の症状でした。
かなり大きな虫歯です。

箕面市の寺嶋歯科医院の歯の神経の保存治療虫歯を全て除去すると神経が露出しました。
従来なら神経を除去していました。

箕面市の寺嶋歯科医院の歯の神経の保存治療神経を保存するため、MTAセメントを直接神経に作用させ、

箕面市の寺嶋歯科医院の歯の神経の保存治療レジンで封鎖します。

箕面市の寺嶋歯科医院の歯の神経の保存治療3カ月後にセラミックの詰め物を装着して治療終了。

箕面市の寺嶋歯科医院の歯の神経の保存治療治療後3年 問題なく経過しております。
MTAによる神経保存治療は画期的な治療です。

MTAの成分

・二酸化ケイ素
・酸化カルシウム
・酸化アルミニウム
・酸化第二鉄
・石膏
・酸化ビスマス(造影剤)MTAの成分

マイクロスコープを用いた精密診療

当院では、MTAを使用した神経保存療法に際して、マイクロスコープ下で精密かつ無菌的に行っております。

成功率

当院では2016年からこの治療を行っており、成功率は95%以上を誇っております。

何もしていなくてもズキズキするなどの症状がある場合は成功率は大きく下がります。

治療費

50,000円/1歯(税別)

保険適応の材料は使用しません。

今回の自費治療のMTA治療を行った場合、新しい詰め物や、かぶせ物に健康保険は効きません。

保証

上記の治療を行ったのち、1年以内に神経にトラブルが生じた場合は、半額で「マイクロスコープを用いた精密根管治療」※をさせて頂きます。

※「マイクロスコープを用いた精密根管治療」はこちらを参照

但し、すでに自発痛がある場合など神経保存の成功率が低いことが予測される場合は、最初からマイクロスコープを用いた精密根管治療を提案することもあります。もしくは、根管治療に移行した際に全額頂くこともあります。(同意頂いてからの治療となりますのでご安心下さい)

pagetop